フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

輸入車へのセーフガードは重要、DTI

貿易産業省(DTI)はこのほど、日産自動車が今年3月で現地生産を終了するとの発表を受けて、車両輸入に対する緊急輸入制限(セーフガード)措置を実施することの重要性を改めて強調した。  日産は、販売低迷を受けた世界的な事業体制の見直しの一環として、現地企業との生産委託契約を打ち切る決定を下していた。今後は、完成車の輸入に切り替えるという。 日産は雇用していた作業員133人に対して、適切な補償パッケージを提示するとしており、加えてDTIは 彼らが別の工場で確実に雇用されるようにすると述べた。

DTIは、いすゞとホンダに続く工場停止は、地元の自動車組立産業が輸入の急増によって深刻な影響を受けていることの表れだと懸念を示した。DTIは自動車の現地生産が縮小し、輸入車が増えている状況に危機感を強めており、自動車に対するセーフガードを暫定的に発動していた。

Translate »