フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

フィッチ、財政改革法案を評価

国際格付け会社フィッチはこのほど、先にフィリピン下院で承認された同国の「加速と包摂に向けた税制改革(Train)」法案は、ロドリゴ・ドゥテルテ政権の財政政策にとって好材料となるとの見通しを示した。フィリピンのマニラタイムズ電子版が8日付で報じた。 フィッチは、「フィリピンの財政にとって、歳入の低さは主な課題となっている。一般歳入はフィリピンの国内総生産(GDP)の22%程度しかなく、同程度の投資格付け『BBB』 を得ている国の30%程度に比べると低い水準だ」と指摘している。 こうした中、税制改革による歳入の確保がフィリピンの財政を改善する道につながるとみているという。

Translate »