フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

セブパシ、ビサヤ・ミンダナオ路線を拡充

フィリピンの格安航空会社(LCC)セブ・パシフィック航空はこのほど、ビサヤ地方とミンダナオ地方での運航路線を拡充すると発表した。これら地域で、5路線を新設する計画だ。フィリピンのマニラタイムズ電子版が5月30日付で報じた。 セブ・パシフィック航空傘下のセブゴーは7月26日から、セブ―マスバテ線、ダバオ―ドゥマゲテ線、サンホアンガ―コタバト線をそれぞれ週3便(月、水、金)運航する見通し。 セブゴーはさらに、7月27日からカガヤンデオロ―サンホアンガ線、ダバオ―タクロバン線をそれぞれ週4便運航するとしている。 新路線の開設に当たり、セブ・パシフィック航空は、格安運賃を提供する。運賃はセブ―マスバテ線で片道1758ペソ、カガヤンデオロ―サンホアンガ線で1906ペソ、ダバオ―ドゥマゲテ線で2590ペソ、ダバオ―タクロバン線で2142ペソ、サンホアンガ―コタバト線で1806ペソとなっている。

Translate »