フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

起亜フィリピン、19年は1万台販売目指す

韓国の起亜自動車傘下の起亜フィリピンはこのほど、2019年の国内販売台数を1万台に引き上げ、市場シェアを広げる方針だと明らかにした。

起亜フィリピンのマニー・アリガーダ社長は「現在のフィリピンの自動車市場におけるわが社のシェアは0.6%だが、これを約2%に引き上げる」と語った。

同社の販売台数は2015年に1万10台を記録したものの、減少傾向にあった。

こうした中、コングロマリット(複合企業)アヤラ・コープ傘下のACオートモービルが2019年1月30日に起亜ブランドの車両をフィリピン市場に再投入する見込み。これが起亜の自動車販売を後押しすることが期待されている。

Translate »