フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

PLDT、19年の設備投資は前年から拡大へ

フィリピン長距離電話(PLDT)のマヌエル・パンギリナン会長兼最高経営責任者(CEO)はこのほど、同社の2019年の設備投資額を前年の580億ペソから引き上げる方針だと語った。これにより、ワイヤレス通信と家庭向け通信部門双方への投資を進める。ただし、具体的な設備投資額は明かしていない。

同会長は「わが社は第3世代(3G)携帯通信技術の整備をほぼ終えており、現在は第4世代(4G)通信インフラの整備を推し進めている」と説明する。

PLDTの2018年1~9月の売上高は前年同期の218億ペソから165億ペソに落ち込んだが、同社は設備投資の実施により、売上高の回復を図る。

Translate »