フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

JGサミット、18年は24%減益に

コングロマリット(複合企業)のJGサミット・ホールディングスはこのほど、同社の2018年の純利益が224億ペソとなり、前年の295億6000万ペソから24%減少したと発表した。傘下のセブ・パシフィック航空が燃料の高騰やコスト増加、通貨ペソの下落により不調だったことが響いたという。

セブ・パシフィック航空のコア純利益は2018年に前年から33%減って59億ペソに沈んだ。一方、売上高は前年比9%増の741億ペソを確保した。

不動産部門のロビンソンズ・ランドの純利益は82億ペソとなり、前年に比べて40%増加。売上高は31%増の295億ペソとなっている。

(The Manila Times 2019年4月17日)

 

Translate »