フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

2月のOFW送金、過去5カ月で最低額

フィリピン中央銀行(BSP)はこのほど、フィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)からの送金額は2019年2月に前年同月比1.2%増の25億5700万米ドルになったと明らかにした。前年同月からは微増だったものの、前月からは6.8%減っている。さらに過去5カ月で最低額だという。

1~2月の送金額は計53億200万米ドルとなり、前年同期の51億8200万米ドルから2.3%のプラスとなった。

送金の送り先別では、米国からが最大。これにサウジアラビア、シンガポール、英国、アラブ首長国連邦(UAE)、日本、カナダ、カタール、香港、ドイツが続いた。

(The Manila Times 2019年4月16日)

Translate »