フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

次のスタートアップ企業のハブ、バギオに熱視線

バギオは次のスタートアップ企業のハブになる――。マニラ首都圏に続くスタートアップ企業の投資先としてセブ州やカビテ州が注目される中、バギオへの関心が高まっている。

バギオはこれまで避暑地として知られてきたが、最近では企業の投資が広がっている。特に注目されているのが配車アプリ「グラブ」がバギオに拠点を置いたこと。ほかにも、フィリピンの配車アプリのMicabやコワーキングスペースのCall Uno、語学サービスを提供するVivixx Academyがバギオに事務所を設置している。

バギオが人気なのは、ビジネスコンシェルジュ「FullSuite」があるほか、米シリコンバレーのように近隣に大学が立地していることも影響しているという。

(The Manila Times 2019年5月5日)

Translate »