フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

アヤラ・ヘルスケア、国内初のがんセンター設置へ

アヤラ・ヘルスケア・ホールディングス(ACヘルス)はこのほど、フィリピンで初めてとなるがん治療専門病院の建設に20億ペソを投じると明らかにした。

新病院はマニラ首都圏に建設され、完成すれば100床を備え、高水準のがん治療を患者に提供することになる。

ACヘルスの親会社アヤラ・コープのフェルナンド・ゾベルデ・アヤラ会長は「がんはフィリピンの死因の3位となっている。検査と早期発見により初期段階で治療ができるため、高水準のがん治療をより多くの人に提供するようにしたい」と述べている。

新病院は内外のがんの専門家とのネットワークを構築し、国際水準のがん治療を行う体制を整備する。

(The Philippine Star 2019年5月14日)

Translate »