フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

フィリピン航空、ボーイングから機材導入計画

フィリピン航空のハイメ・バウティスタ社長兼最高経営責任者(CEO)はこのほど、同社が現在、米航空機大手ボーイングと新機材の導入について協議している。

フィリピン航空はボーイングの最新型ジェット機777X型機を導入し、従来型の777型機と入れ替える意向だ。同航空は現在、777型機を10機保有するが、これらは2008年に購入したもので、買い替えを検討しているという。

フィリピン航空の保有機材は2018年末時点に全体で97機となった。さらに2022年までに追加で13機を確保する見込みだ。

(The Manila Times 2019年6月6日)

Translate »