フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

メガワールド、5年で3000億ペソを設備投資に

不動産開発大手メガワールドはこのほど、向こう5年で3000億ペソを設備投資に振り向けると明らかにした。

メガワールドのケビン・タン最高戦略責任者(CSO)は6月21日にケソン市で開催された会合で、設備投資予算のうち約65%は住宅、オフィス、タウンシップ、ホテルの開発に振り向けると説明した。残り35%は土地取得に投じるという。同社は2020年に2000ヘクタールの用地を取得し、保有する土地の面積を6700ヘクタールに引き上げる考えだ。

またメガワールドはタウンシップに関しては先に、2020年末までに手掛けるタウンシップ・プロジェクトの数を現在の24件から30件に引き上げると明かしていた。

(The Manila Times 2019年6月22日)

Translate »