フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

電子財布の利用広げる、18年は3300万人が利用

電子決済サービス大手のPayMayaフィリピンは7月9日、フィリピンの電子財布利用者数は2018年に前年比22%増の3300万人に達したと明らかにした。

PayMayaのケネス・パラシオス取締役兼コンシューマー事業部長は「デジタル決済は急速に受け入れられている。フィリピンの消費者は最も使用する決済ツールに電子財布を選び始めている」と語った。

こうした中、PayMayaも先にセブでもサービスを開始するなど、サービス拠点を広げている。現在、フィリピン全土の2万7000カ所で同社の決済サービスを利用できるという。

(The Manila Times 2019年7月10日)

Translate »