フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

STIエデュケーション、18年度は43.5%減益に

STIエデュケーション・システム・ホールディングスは7月16日、同社の2018年度(2018年4月~2019年3月)の純利益は2億8400万ペソとなり、前年度の5億300万ペソから43.5%減少したと発表した。

一方、事業拡大を受けて、STIの資産は前年の144億ペソから2.8%増えて148億ペソとなった。同社はこれまでに、ブラカン州サンホセデルモンテ市、マニラ市サンタメサ、パサイ市エドサに拠点を整備している。

STIはほかにも、バタンガス州の拠点は2018年8月に運営を開始している上、新拠点の設置を進める意向だ。

(The Manila Times 2019年7月17日)

Translate »