フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

ペトロン、上半期の利益は73%減少

ペトロンはこのほど、同社の2019年上半期(1~6月)の純利益が前年同期の95億ペソから72.6%減少して、26億ペソに落ち込んだと発表した。売上高の落ち込みが純利益の低迷を招いたという。

売上高は上半期に2548億ペソとなり、前年同期に比べて7%のマイナスとなった。一方、ペトロンのラモン・アン最高経営責任者(CEO)は「業績の低迷は一時的なものだ」と説明。「ガソリンと石油化学部門は若干回復が見られるため、下半期(7~12月)の業績に関しては楽観的な見方をしている」と述べた。

(The Manila Times 2019年8月7日)

Translate »