フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

アヤラ・ランド、上半期に12%増益を達成

コングロマリット(複合企業)アヤラ・コープ傘下の不動産会社アヤラ・ランドの純利益は2019年上半期(1~6月)に、152億ペソとなり、前年同期の135億4000万ペソから12%のプラスを確保した。

アヤラ・ランドのアウグスト・ベンソン最高経営責任者(CEO)は今回、売上高が上半期に前年同期の804億ペソから4%増加して832億ペソに上ったと説明した。このうち不動産部門の売上高は819億ペソとなり、前年同期から4%のプラスとなった。オフィス部門の売上高が101億ペソと、前年同期から2倍以上増えたことが奏功したという。同時に工業団地の売上高も前年同期比11%増の43億ペソになっている。

(The Manila Times 2019年8月6日)

Translate »