フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

PAL、エアバスA321ネオSRを導入計画

フィリピン航空(PAL)はこのほど、新たにエアバスA321ネオSR1機を導入する計画だと発表した。

新機材の導入はPALの保有機材近代化プログラムの一環だ。機材を拡充することにより、中国、日本、韓国、東南アジア諸国連合(ASEAN)諸国などからの観光客の取り込みを強化したいとしている。

PALは現在、機材98機を保有する。これには、エアバスA350―900型機6機、ボーイング777―300ER機10機、エアバスA330型機15機が含まれている。

(The Manila Times 2019年9月3日)

Translate »