フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

ジョリビー、ティムホーワン運営会社への出資拡大

外食大手ジョリビー・フーズはこのほど、香港の点心専門店「添好運(ティムホーワン)」を運営するタイタン・ダイニングへの出資比率を60%に引き上げた。

ジョリビーは今回、傘下のジョリビー・ワールドワイドを通じ、タイタンへの出資額をこれまでの4500万シンガポールドル(約16億7000万ペソ)から1億2000万シンガポールドル(約44億4000万ペソ)へと引き上げた。

ジョリビーは5月、タイタン・ダイニングへの投資を発表している。タイタン・ダイニングは添好運を運営するティムホーワン(TWPL)とその関係会社ディムサム(DSPL)の株式をそれぞれ100%保有する。ジョリビーは今回の追加投資により、さらに事業展開を広げる意向だ。

TWPLとDSPLは現在、カンボジア、インドネシア、シンガポール、日本、マカオ、台湾、ベトナム、オーストラリア、フィリピンに40店舗を保有する。

(The Manila Times 2019年10月3日)

Translate »