フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

S&P、比の19年のGDP伸び率見通しをさらに下方修正

格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)はこのほど、フィリピンの2019年の国内総生産(GDP)伸び率見通しをこれまでの6.1%から6%に下方修正した。上半期(1~6月)の経済が思ったように伸びなかったためだという。

S&Pはもともとフィリピンの2019年のGDPが前年比6.4%伸びるとの予測を出していたが、今回3度目の予測見通しでさらに下方修正をした形だ。また今回の予測値は2018年の6.2%のGDP成長率を下回るとともに、フィリピン政府が掲げる6~7%の見通しの下限に当たる。

2019年上半期のGDPは前年同期から5.5%のプラスにとどまった。

(The Manila Times 2019年10月2日)

Translate »