フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

F&Sホールディングス、フィリピン・エアアジア運営会社への出資比率引き上げ

F&Sホールディングスはこのほど、格安航空会社(LCC)フィリピン・エアアジアを運営するエアアジア(AAI)への出資比率をこれまでの44.4%から60%に引き上げたと明らかにした。

F&Sホールディングスは今回、AAIの株式15.6%を保有していたTNRホールディングスから同株を購入した。F&Sホールディングスは6月、AAI株の28.7%を取得したが、今回の追加取得でさらにAAIへの関与を強めることになる。

一方、AAIは年内の新規株式公開(IPO)を再度棚上げした。同社は2020年第3四半期か、2021年初頭にIPOを実施するとしている。

(The Manila Times 2019年10月10日)

Translate »