フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

タマネギ農家1000人、輸入許可証の不当発行に反発

フィリピンのヌエバエシハ州、パンガシナン州、ターラック州のタマネギ農家の1000人超がこのほど、輸入許可証の不当な発行に、政府関係者やタマネギ販売業者が関与しているとして、反対集会に参加した。フィリピンのマニラタイムズ電子版が報じた。

タマネギ農家は一部のビジネスパーソンや政府官僚らが、海外産のタマネギを違法にフィリピンに持ち込んでいると主張している。このため当局に対して、タマネギの輸入許可証を新規に発行しないよう求めている。

輸入タマネギはフィリピン産のタマネギに比べて、市場で安価に売買されている。一方、国内農家は生産コストの面から、価格を引き下げることができない。そんな中で、輸入品は地元のタマネギ農家の経営に打撃を与えているという。

Translate »