フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

世界の不動産価格ランキング、マニラ首都圏は53位

クッシュマン・ウェイクフィールドによる不動産価格の調査で、フィリピンのマニラ首都圏の不動産価格が世界53位となった。前年の52位から順位を若干下げた格好だ。マニラ首都圏での高級物件の販売が低迷していることがランクを落とした理由だという。フィリピンのマニラタイムズ電子版が11月26日付で報じた。

クッシュマン・ウェイクフィールドは、高級物件の売れ行き低迷がマニラ首都圏の不動産価格に響いたとする一方、フィリピンの不動産市場では、グローバル企業が展開を進めている上、フィリピンの中間層の可処分所得が増えていることも不動産価格の押し上げ要因になっているという。

一方、全体では米ニューヨークの5番街周辺の不動産価格が1平方フィート当たり3000米ドルで、世界トップ。これに香港の銅鑼湾が同2878米ドルで2位、仏パリのシャンゼリゼ通りが同1368米ドルで3位と、続いている。

Translate »