フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

アボイティスとイートン、再生可能エネルギーの供給で契約

イートン・プロパティ・フィリピンはこのほど、ケソン市の「イートン・セントリス」に置く自社のビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)拠点に向けた再生可能エネルギーの供給に関し、電力大手アボイティス・パワーと供給契約を結んだ。フィリピンのマニラタイムズ電子版が報じた。
今回の契約に基づき、今後、アボイティス・パワーがラグナ州とバタンガス州に持つ地熱発電所「マクバン地熱発電所」からイートン・セントリスのBPO拠点に向けて電力が供給されることになる予定だ。
マクバン地熱発電所の出力は390メガワット(MW)で、ルソン島では唯一のベースロード発電所だという。またアボイティス・パワーは「クリーンな再生可能エネルギー」を自社の強みとして打ち出している。

Translate »