フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

SMプライム、1Qは15%増益確保

 SMプライム・ホールディングスはこのほど、同社の2018年第1四半期(1~3月)の純利益が前年同期の66億ペソから15%増えて76億ペソになったと発表した。フィリピンのマニラタイムズ電子版が8日付で報じた。
売上高は234億ペソとなり、前年同期から14%のプラスとなった。営業利益は前年同期比増の111億ペソを確保している。このうちモール事業部門の売上高は前年同期から9・4%増えて139億ペソとなり、全体の59%を占めた。
SMプライムは2018年に6カ所にショッピングモールを新設する計画。すでにカビテ州とパンガシナン州に新拠点をオープンしている。今後、パンパンガ州、アルバイ州、レイテ州などに設置する。

Translate »