フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

SMプライム、18年は設備投資に800億ペソ投入

 小売大手SMプライム・ホールディングスは2018年に、設備投資に800億ペソを充当する方針だ。フィリピンのマニラタイムズ電子版が4月25日付で報じた。
設備投資予算のうち約60%は新規プロジェクトの実施など事業拡大に振り向ける。残り約40%は傘下のランドバンクの事業を広げるために使う。
これにより、2018年末までに5~6カ所にショッピングモールを新設する意向。年末までに保有するショッピングモールの数はフィリピン国内が80店舗、中国が7店舗になる見込み。ショッピングモールの延べ床面積は計970万平方メートルに拡大する見通しだ。
中国では河南省・鄭州市に住宅が入居するタワーを複数建設する。このうち2つのタワーの物件は既に売り出している。江蘇省揚州市も年内にショッピングモールの建設を開始する。

Translate »