フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

SMDC、住宅プロジェクト2件で220億ペソの売り上げ狙う

フィリピンのコングロマリット(複合企業)SMプライム・ホールディングス傘下のSMデベロップメント(SMDC)は、「モール・オブ・アジア・コンプレックス)での新規住宅事業2件について、約220億ペソの売上高確保を目指している。フィリピンのマニラタイムズ電子版が13日付で報じた。

SMDCのホセ・マリー・バンソン副社長は記者会見で、「ショアー・レジデンシズ3」プロジェクトで150億ペソ、「Sレジデンシズ」プロジェクトで70億ペソの売上高をそれぞれ確保したいとの意向を示した。

ショアー・レジデンシズ3はモール・オブ・アジア・コンプレックス内の9ヘクタールの住宅開発事業で、プールやファンクションルーム、ラウンジ、アウトドアジムサーキットなどを併設している。4つのタワーから成り、計5000戸を構えることになるという。

Translate »