フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

マニラ・ウオーター、越の水処理会社への出資比率引き上げへ

フィリピンのコングロマリット(複合企業)アヤラ・グループ傘下のマニラ・ウオーターはこのほど、同社のシンガポール子会社マニラ・ウオーター・サウス・アジア・ホールディングスを通じて、ベトナムのサイゴン・ウオーター・インフラストラクチャーの株式を追加取得すると発表した。フィリピンのマニラタイムズ電子版が5月30日付で報じた。 マニラ・ウオーターの発表によると、マニラ・ウオーター・サウス・アジア・ホールディングスは今回、サイゴン・ウオーター・インフラストラクチャーの株式の6.15%を追加取得することで契約を結んだ。これにより出資比率は現在の31%から今後に37.99%になる見通し。一方、株式の取得費用に関しては明らかにされていない。 サイゴン・ウオーター・インフラストラクチャーはホーチミン証券取引所に上場しており、水処理施設や関連エンジニアリングサービスの提供、水関連施設の運営・管理サービスなどを通じてベトナムで初めての水関連の総合企業を目指している。

Translate »