フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

タイ企業、風力発電ペトロウィンドの株式取得

タイのBCPGパブリックはこのほど、フィリピンのペトロエナジー・リソーシズ傘下の風力発電会社ペトロウィンド・エナジー(PWEI)の株式の40%を取得した。フィリピンのマニラタイムズ電子版が18日付で報じた。
PWEIはアクランで出力36メガワット(MW)のナバス第1風力発電所プロジェクトを実施している。
BCPGはタイ証券取引所(SET)の上場企業で、再生可能エネルギー企業としてタイでは最大規模の企業。同社にとってPWEIへの出資はフィリピンの再生可能エネルギー部門で初めての投資だという。
ナバス第1風力発電所はアクラン北部に位置し、風力タービン18基を備えている。

Translate »