フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

BPI銀行、傘下銀との合併で国内3位の規模に

アヤラ財閥傘下の商業銀行フィリピン・アイランズ銀行(BPI)はこのほど、貯蓄銀行のファミリー・セービングス・バンク(BFSB)を吸収することを発表し、規制当局と株主の承認を進める方針を明らかにした 。 BPIは年内の合併完了を目指すという。BPIのコシン社長兼最高経営責任者は「この合併は、顧客と従業員の最大の利益を念頭に置いている」と説明している。

BFSBは国内最大規模の貯蓄銀行で、顧客数850万人、従業員3千人を有する。合併が完了すると、BPIはメトロポリタン銀行を抜いて資産規模で国内第3位の 銀行となるという 。昨年9月の中央銀行のデータによると、BPIの総資産は、1兆8,800億ペソで、BFSBの総資産は3,055億8,000ペソであったという。昨年9月時点の資産規模のトップはBDO ユニバンク、次いで政府系ランドバンクとなっている。

Translate »