フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

フィリピン中銀、デジタル銀行のガイドラインを発表

フィリピン中央銀行はこのほど、デジタル銀行設立のガイドラインを発表した。デジタル銀行は「物理的な支店のないデジタルおよび電子チャネルを通じて金融商品およびサービスを提供する機関」と定義され、既存の銀行と同様に情報技術とサイバーセキュリティ、消費者保護、資金洗浄やテロ資金供与防止に関する、コーポレートガバナンスとリスク管理を含む要件に従うよう規定されているという。

ガイドラインに基づいて、デジタル銀行は、融資付与、貯蓄、定期預金および外貨預金の受け入れ、証券への投資、電子マネー製品およびクレジットカードの発行、マイクロ保険製品の販売、および外国為替通貨の売買が許可されるという。

デジタル銀行の設立には最低10億ペソの資本を投入する必要があり、 外国人参入には 議決権株式の40%の上限が設けられているという。

Translate »