フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

比銀行の不正資金流入リスクは中レベル

フィリピン中央銀行(BSP)はこのほど、監督下にある金融機関の資金洗浄、テロ資金供与、拡散金融のリスク評価を完了し、リスクレベルが「中」との判断を下したことを明らかにした。

BSPの声明によると、リスク評価は反マネーロンダリング評議会(AMLC)およびその他の関連機関と連携して実施され、リスク評価では、犯罪活動の観点から、麻薬密売、投資詐欺、電子商取引法およびサイバー犯罪が最高レベルの脅威をもたらすと警戒していると述べた。

BSPのジョクノ総裁は「昨年からAMLCは、新型コロナによる移動規制を背景に疑わしいデジタル取引が増加していると警告しており、特に寄付を騙った詐欺や、ビットコインを含むオンラインショッピング詐欺に注意すべき」との見解を示した。

Translate »