フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

国民ID登録で銀行口座の開設が可能に

国家経済開発庁(NEDA)によると、国民ID登録を通じて、すべてのフィリピン人世帯が今年末までに少なくとも1つの銀行口座を持つようになるという。現在、国民ID登録の第2段階を完了した440万人のフィリピン人のうち、約180万人がすでにその場で政府系銀行ランドバンク口座を開設しているという。

国民IDへの登録のメリットとして、チュア長官は、ワクチン接種や給付金などの社会保障へのアクセスがより効率的になる点を挙げた。さらに登録情報から、給付金が受益者の銀行口座に直接送られ、受益対象者の漏れを最小限に抑えるようことが可能になるという。

国民ID登録のプロセスでは、第1段階として調査員もしくはオンラインでの基本情報の収集がなされる。第2段階では、登録者が登録センターに赴き、生体認証情報の登録と顔写真を撮影する必要があることから、現在は感染拡大防止の観点から、プロセスが限定的となっている。

Translate »