フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

JAL、マニラ=東京線開設50周年

 2017年11月20日、NAIAターミナル1にて日本航空株式会社(以下JAL)のマニラ=東京線就航50周年記念式典が開催された。当日はJALの代表取締役副社長の藤田直志氏、在フィリピン日本大使館公使の加納雄大氏、マニラ空港公団総裁のエディV.モンレアル氏、JAL746便機長の菊島 進一郎氏が、挨拶を行った。
藤田副社長は「両国の良好な関係性があり50周年という節目を迎えることができた。今後も良質なサービスと快適な客室空間の追求を行っていく。」と語った。
JAL746搭乗ゲートでは藤田副社長自ら搭乗者168名全員に記念品(搭乗証明書・お箸)が手渡された。また、出発時には藤田副社長、山崎空港所長、社員が記念便となったJAL746便を横断幕を持って見送った。
記念式典後、藤田副社長は「経済発展とともに増加する訪日のフィリピン人はもとより、観光資源の多いフィリピンへの渡航者を増やしていきたい。マニラ周辺のビジネス用途での利用やセブなど地方への観光目的とした利用からフィリピンへの渡航者はますます増えるだろう。今後も当社の強みであるプレミアムサービスに磨きをかけていきたい。」と語った。

Translate »