フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

クウェートへのOFW送り出しを停止、政府が決定

 フィリピンのシルベルトレ・ベロ労働雇用相はこのほど、フィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)のクウェートへの派遣を停止したと発表した。クウェートで雇用主から虐待されたとみられるOFW7人が亡くなったことを受けた措置という。フィリピンのマニラタイムズ電子版が20日付で報じた。
ベロ労働雇用相はこれまでに、フィリピン海外雇用局(POEA)に対し、クウェートへの移住労働に関連する手続きを停止するよう指示した。また労働雇用省はクウェートで亡くなったOFWの死因に関して調べている段階だ。
クウェートに就労などの目的で滞在するフィリピン人は24万人程度。このうちの一部は家事労働者として就労しているが、雇用主から虐待被害に遭う事例が多数伝えられている。またOFWが雇用主やその家族を殺害したなどの罪に問われるケースもある。

Translate »