フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

ジープニー近代化事業に労働者が反発、スト実施へ

 フィリピンの運輸部門の自営業者団体は近く、政府によるジープニーの近代化プログラムへの反発を示すため、全国規模のストを実施する計画だ。フィリピンのマニラタイムズ電子版が報じた。
運輸部門の自営業者団体は、フィリピン政府の施策により2018年1月から旧式のジープニーが使えなくなることに反対している。
こうした中、自営業者団体はストを行い非難の姿勢を見せる見込み。
自営業者団体の代表を務めるゲオルグ・サン・マテオ氏は「われわれは(ストを)正当な対応だと考えている。われわれには他には選択肢はない」と述べている。自営業者団体は10月にも2日わたるストを実施した経緯がある。
さらに自営業者団体はマヌメント、クバオ、ノバリチェス、リテックスなどを含むマニラ首都圏の各地域に拠点を広げるとしている。

Translate »