フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

スービック―クラーク鉄道事業を承認、総工費576億ペソ

 フィリピン政府はこのほど、スービック―クラーク鉄道プロジェクトを承認した。投資額は576億ペソに上ると見込まれている。フィリピンのマニラタイムズ電子版が1月29日付で報じた。
カルロス・ドミンゲス財務相はこのほど、記者団に対し、スービック―クラーク鉄道プロジェクトは、国家経済開発庁(NEDA)投資調整委員会(ICC)と閣僚委員会(CabCom)会議(ICC―CC)により承認されたと説明する。
スービック―クラーク鉄道プロジェクトはスービック湾やクラーク自由港、中部ルソンのその他の経済拠点を結ぶ鉄道網を整備することで、近隣地域の成長を促すとともに、マニラ首都圏への人や企業の集中を緩和することが期待されている。

Translate »