フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

デジタル競争力ランキング、比は順位落とす

 スイスの国際経営開発研究所(IMD)による「ワールド・デジタル競争力(WDC)」ランキングの2018年版で、フィリピンの順位は対象となった世界63カ国中56位となり、前年の46位から順位を落とした。
WDCランキングは「知識」「技術」「将来への準備」の3分野において50にわたる指標を用いて各国の評価を行った。フィリピンはアジア太平洋諸国の14カ国中12位となり、こちらも前年から順位が下がっている。全体では米国が首位で、これにシンガポール、スウェーデン、デンマーク、スイスが続いていた。最下位の5カ国はコロンビア、ペルー、モンゴル、インドネシア、ベネズエラとなった。

Translate »