フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

パッキャオ、クウェートで亡くなったOFWの調査求める

 世界的なボクサーで、フィリピンでは国民的英雄とされるマニー・パッキャオ上院議員が、上院に対し、2016年以降にクウェートで亡くなったフィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)少なくとも8人について、その死因などを調査するよう求めている。フィリピンのマニラタイムズ電子版が19日付で報じた。
パッキャオ議員は13日、上院労働海外関係委員会にクウェートで亡くなったフィリピン人の調査に向けた決議626号を提出した。クウェートへの出稼ぎをめぐっては、同国で死亡したフィリピン人女性が人の住んでいない集合住宅のフリーザーの中で見つかった事件を受け、ロドリゴ・ドゥテルテ大統領が先に労働者の送り出しを禁じた経緯がある。

Translate »