フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

マリキナ川の水位上昇、10万世帯に避難勧告

 マリキナ川の水位が16.7メートルまで上昇したことを受け、マリキナ市は周辺の約10万世帯に対し避難勧告を出した。
マリキナ市によると、17日午後4時23分時点で、555人が自宅から避難した。非難した住民は市内のマランデー小学校などに滞在しているという。
市内では、トゥマナ村の4万3249人、ナンカ村の4万3828人、マランデー村の5万5442人の合計14万2519人が水位上昇の被害を受けた。こうした中、市の救助チームが住民の支援に派遣された。

Translate »