フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

人員不足で複数の病院が閉鎖の危機、ネグロスオキシデンタル州

 フィリピンのネグロスオキシデンタル州が運営する11カ所の病院が人員不足のために閉鎖の危機に直面している。フィリピンのマニラタイムズ電子版が1月28日で報じた。
州病院運営局(HOD)によると、州が運営する11カ所の病院では現在、人員が1335人足りない状況だ。うち医師が163人、看護師が372人、助産師・看護助手が252人、医療技術者が74人、薬剤師が52人、放射線技師が39人、栄養士が13人、歯科医が1人、社会福祉主事が28人、事務スタッフが341人それぞれ足りない。
州保健局(DOH)はこれまでに医療スタッフの確保を急ぐよう要請しているが、複数の病院が人員不足のために運営が難しく閉鎖する恐れがあるという。

Translate »