フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

台風で農作物に被害、5億6500万ペソの損失

 農業省はこのほど、マニラ首都圏とルソン島のそのほかの地域を襲った台風「ヘンリー」と「インデー」により、農作物に計5億6500万ペソの被害が出たと明らかに。
作物の種類別の損害額は、コメが4億2800万ペソ、漁業が1億3600万ペソ、トウモロコシが1万ペソとなっている。
農作物が被害を受けたのは、パンガシナン州、バターン州、ブラカン州、ヌエバエシハ州、パンパンガ州、ターラック州、オクシデンタルミンドロ州、ネグロスオクシデンタル州、アクラン州など。
フィリピンは毎年、20に上る台風に襲われている。中でも2013年にビサヤ地方を襲った大型台風「ヨランダ」は多大な被害をもたらし、6000人超がなくなった。

Translate »