フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

国民240万人が今も電気なしの暮らし、上院議員が報告

 フィリピンのガチャリアン上院議員はこのほど提出した報告書で、同国の国民約240万人は未だに電気のない生活をしていると明らかにした。多くはミンダナオ島の住民だという。フィリピンのマニラタイムズ電子版が報じた。
フィリピン政府は2016年から2018年に電化事業に54億5100万ペソ超、宣教師地区への電力供給に約40億ペソをそれぞれ拠出した。
一方、ガチャリアン上院議員によると、2017年12月時点で国内の239万9000人が電力のない中で暮らしている。ルソン地方の52万9952世帯、ビサヤ地方の52万4040世帯、ミンダナオ地方の134万5116世帯が電化されていない状況だ。

Translate »