フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

国際刑事裁判所からの脱退へ、大統領が国連調査に反発

 フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領はこのほど、同国が国際刑事裁判所(ICC)から脱退すると発表した。フィリピンのマニラタイムズ電子版が15日付で報じた。
国連はフィリピン政府の「麻薬戦争」に対する予備調査に乗り出しており、ドゥテルテ大統領はこれに反発したとみられている。
ドゥテルテ大統領は今回発表した声明で、ICCの特別検事が大統領をICCの司法の対象にしようとすることは、自身に対する「根拠も、前例もない、恐ろしい攻撃だ」と断言した。
フィリピンは2011年8月23日にICCに117番目の加盟国として加盟した。

Translate »