フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

大統領の信頼度が8ポイント低下、SWS調査

 社会調査会社ソーシャル・ウェザー・ステーションズ(SWS)はこのほど、ロドリゴ・ドゥテルテ大統領の信頼度が2018年第2四半期(4~6月)に前期から8ポイント低下し、57になったと発表した。
SWSは6月27日から30日に全国の成人1200を対象に調査を実施した。ロドリゴ・ドゥテルテ大統領の就任直後の信頼度は69だったのに比べると、今回の数値はそこから10ポイント以上も低下している。
地域別ではビサヤ地方での信頼度の落ち込みが激しい。同地方の大統領の信頼度は前回調査で70だったものが、今回は48に低下。さらにマニラ首都圏の大統領信頼度は3月に62だったが、こちらも今回は42に落ち込んだ。

Translate »