フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

平和指数ランキング、比は138位に低迷

 国際的なシンクタンク、経済平和研究所はこのほど、2018年の「世界平和指数(GPI)」ランキングを発表した。フィリピンの順位は対象となった世界163カ国中138位と低い順位になった。フィリピンのマニラタイムズ電子版が7日付で報じた。
GPIは犯罪認知、治安部隊員・警察、殺人、投獄、武器へのアクセス、国内紛争、暴力犯罪、政治的不安定性、政治的テロ、武器輸入、テロのインパクト、国内紛争による死者などの項目を調査して出された指数。フィリピンはドゥテルテ大統領の麻薬戦争とミンダナオ島マラウィ市での紛争を受け、順位が低かった。
アジア太平洋地域では、フィリピンのほか、中国、タイ、ミャンマー、北朝鮮の順位が低かったという。

Translate »