フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

戒厳令の延長を承認、フィリピン議会

 フィリピンの上院・下院議員は合同会議で、ミンダナオ島の戒厳令を2018年12月31日まで延長することを賛成多数で承認した。フィリピンのマニラタイムズ電子版が14日付で報じた。
下院では、ロドリゴ・ドゥテルテ大統領が提案した戒厳令の延長に賛成票を投じた議員は240人、反対は27人だった。上院では、賛成したのは議員14人で、反対は4人となっている。
ドゥテルテ大統領は議会に対して提出した書面で、戒厳令の延長は、テロリスト・グループや武装非合法組織、共産主義テロリストらの根絶を確実なものにするための取り組みにおいて、治安機関の幹部から推奨されたものだと説明している。

Translate »