フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

比の刑務所の収容率が612%に、「麻薬戦争」が影響

 フィリピン政府の監査委員会(COA)はこのほど、同国の刑務所の収容率が現在、612%に達していると明らかにした。ロドリゴ・ドゥテルテ大統領による「麻薬戦争」で受刑者が増加したことと、司法手続きが遅いことで、混雑率が上昇しているという。
COAによると、2017年12月31日時点で、国内の刑務所の受刑者数は14万6302人に達した。刑務所の規模から見た理想的な定員2万653人を12万6493人も上回っている状態だという。
地域別では「地域4」の収容率が975%と最も高く、これに「地域3」が802%、「地域11」が789%で続いている。

Translate »