フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

比空港が警戒強化、バシランでの爆弾事件受け

 マニラ国際空港公団(MIAA)はこのほど、南部バシラン州での爆弾事件を受け、警戒を強化すると発表した。
MIAAはこれまでに、車両の検査体制を強化しており、先に導入したばかりの爆破物探知機を使い、車両の検査の回数を増やしている。
またMIAAは空港ターミナルのすべての管理責任者と警備局に対し、荷物検査関連機器などを完全な形で使用できる体制を整備するよう指示した。
一方、MIAAのエド・モンレアル総裁は、「市民にはこうした我々の取り組みを気にせずに、いつものように空港を利用するよう呼び掛けた。我々がしていることは市民に警戒を出しているわけではない」と述べている。

Translate »