フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

警察官が結婚式控えたカップルを射殺、ヌエバビスカヤ州

 フィリピンのヌエバビスカヤ州でこのほど、ドゥパックスデルスール町警察の警察官、ジェルウィン・ゴゼ被告が、結婚式を控えたカップルを射殺した。フィリピンのマニラタイムズ電子版が報じた。
殺されたのは、ドゥパックスデルスール町のジョセフ・アグラバンテさん(25)と、その恋人のエデリサ・マヌエルさん(25)。2人は12月28日に、結婚式を予定していた。
ゴゼ被告は先に、アグラバンテさんの姉妹のフロレンダさんを探しに、アグラバンテさんの自宅を訪問した。その際に、ゴゼ被告は突然、アグラバンテさんとマヌエルさんに発砲したという。
アグラバンテさんの親族らはこの様子を目撃していたものの、ゴゼ被告が発砲を続けたことから、アグラバンテさんの自宅に近づくことができなかった。そのため、親族の1人が交番に助けを求めに行ったという。その後、駆け付けた警察官と、ゴゼ被告の間で銃撃戦が始まった。
ゴゼ被告はフロレンダさんとの間にトラブルを抱えたとみられる。また警察は近くに乗り捨てられていた同被告の車からビール瓶を発見しており、飲酒した状態で発砲したとみている。

Translate »