フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

麻薬取り締まりキャンペーン再開初日、563人が自首

 フィリピン国家警察(PNP)はこのほど、麻薬取り締まりキャンペーン「オペレーションTokhang」を再開した1月30日に、フィリピン全土で麻薬関係の容疑者合わせて563人が警察に自首したと発表した。フィリピンのマニラタイムズ電子版が1月30日付で報じた。
自首した563人については、PNP諜報局の麻薬関係のリストにのせられることになる。
オペレーションTokhangは平日の午前8時から午後5時に実施されている。ケソン市では今回、麻薬関係の容疑者47人が市内の交番に自首した。中でもバタサン警察署に自首した容疑者数が最も多く、少なくとも13人に上った。

Translate »