フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

ISのテロリストが入国か、国軍が情報確認

 フィリピンのデルフィン・ロレンザナ国防省は9日、同国南部にイスラム国(IS)の複数のテロリストが入国したとの近隣諸国からの情報を受けて、フィリピン国軍が関連情報を調べていると明らかにした。フィリピンのマニラタイムズ電子版が10日付で報じた。
ロレンザナ国防相によると、マレーシアとインドネシアがこれまでに、フィリピンに対し、同国南部から入国する外国人のテロリストが増加していると伝えてきた。ミンダナオ・イスラム教徒自治区(ARMM)に属するタウィタウィ州やスールー州などからフィリピンに入りこむテロリストがいるという。
同相は「われわれは南部での監視体制を強化しているが、外国人のテロリストの存在を確認することはできていない。ただし、フィリピン南部出身のテロリストの存在は確認している」と語っている。

Translate »